東京都大田区田園調布 森歯科医院診察内容 一般歯科
診察内容一覧に戻る

東京都大田区田園調布 森歯科医院診察内容 一般歯科 イメージ1


東京都大田区田園調布 森歯科医院診察内容 一般歯科 イメージ2


東京都大田区田園調布 森歯科医院診察内容 一般歯科 イメージ3


予防歯科 ― 予防に勝る治療はない
ブラッシング指導、歯石除去はもちろんのこと、 唾液の性状の測定によるウ蝕リスクの判定とその善後策、最適な歯ブラシや歯磨剤の選定、口腔衛生指導、予防に関する生活指導等々、 各年齢のライフステージに合わせた予防対策を実践しています。

ウ蝕(虫歯)の治療 ― 保存修復
ごく初期の虫歯は、削らないで予防処置をし、再石灰化を期待し、経過観察します。歯の表面は硬いエナメル質で覆われていますが、 唾液の力などにより、常に脱灰、再石灰化という現象を繰り返しているので、経過観察します。
進行し、穴があいてしまった場合(実質欠損)は歯を削る量を必要最小限にし、それぞれの歯の状態に適した材料で修復します。

歯内療法(根っこの治療)
ウ蝕が歯髄(神経)にまで達し、強い痛みが出るようになると、残念ながら歯髄は保存出来なくなり、歯髄を取り除く治療が必要となります。 ほとんどは局所麻酔をし、歯根の先端までの歯髄を取り除き、空いた中のスぺースを拡大して、きれいにし、 無菌状態にしたところで専用の詰め物(根管充填剤)で封鎖します。

口腔外科
口腔外科は、抜歯、顎骨の骨折、親知らずの抜歯、お口のケガ(外傷)、口内炎等の粘膜の異常、骨の異常や炎症、口腔内の小腫瘤、 口腔に発生したガン、さらには全身疾患と口腔内の諸症状を治療する分野です。

歯周疾患
歯周病は歯ぐき(歯肉)が炎症を起こして、赤く腫れたり出血したりする「歯肉炎」と、それが進行して、 歯根膜や歯槽骨などが破壊される「歯周炎」の総称をいいます。
歯周病は、ほとんど自覚症状がないままに進行するので、歯槽骨が破壊されて、 歯がグラグラ動揺するなどの異常に気付いた時には重症化していることが多いので問題です。
なお、当院では細菌検査をし、薬による内科的治療も行っています。

クラウンブリッジ 補綴(ほてつ)治療
ウ蝕などによって失われた歯質の量が多い場合は、クラウンといって冠を被せ機能回復を図ります。 また、歯を失った場合、両隣の歯を削り、それらを土台としてブリッジにします。
当院ではそれぞれの患者さんのお口の状態に適した材料・方法を用いて作製します。

義歯(入れ歯)
不幸にして歯を失ってしまった場合、その後の口腔機能回復には様々な方法がありますが、 義歯はお口の中に固定しないで取り外しができる補綴物(ほてつぶつ)です。
歯が残っている場合に入れる義歯を部分床義歯(局部義歯)、全くない場合に入れる義歯を全部床義歯(総義歯)と言います。

審美歯科
私は原則として歯科治療はすべて審美に結び付くと考えています。 なるべく自然の歯に近い形と色に修復するよう心がけていますが、その歯が口腔内でどのような位置を占め、どのような働きをし、 咬み合わせにどう関与しているのかを十分に考慮して治療します。

ホワイトニング
昨今ホワイトニングの普及に伴い、白さの好みが、どんどんエスカレートしてしまい、自然な歯の色を通り越して、その人にとってはあり得ない、 極端で不自然な「白さ」を要求し始めている場合があるので、当院では各個人に合った適切で、自然な白さにするホワイトニングを行なっています。

 
診察内容一覧に戻る