ペニス増大方法は何がオススメ?サプリ、クリーム、手術?

ペニス増大方法は何がオススメ?サプリ、クリーム、手術?

ペニスを大きくしたいと熱望しているのなら、ズバリ!ペニス増大サプリを使うべきです。ペニスを大きくする方法はいくつかありますが、リスク、副作用の心配も少なく、手軽でそれほど大きな費用をかけることもなくペニスを大きくできる可能性があるのです。なぜペニス増大サプリが最も効果を期待できるのか、その理由をここでしっかり紹介します。

ペニスを大きくする方法は4種類

ぺニス増大サプリを摂取
ぺニス増大クリームを使う
ぺニス増大手術を行う
ぺニスを増大させる矯正器具を使う

ひとつずつ特徴や効果を見て行きましょう!

ぺニス増大サプリを摂取

実はペニス増大サプリとして多くの商品が販売されてます!例えばコレ↓

ペニスの大きさに悩む男性は多いのですが、なかなか人に言えない悩みです。外科手術を受けて大きくするという方法もありますが、費用も掛かりますしやはり不安があるでしょう。病院に行くのも恥ずかしくて・・という男性が多いことも事実です。そこでお勧めしたいのが人に知られることなくペニス増大の期待ができるサプリの摂取です。

ペニス増大のサプリメントは今非常に多くなっています。それぞれに配合されている成分などにも違いがあるので、商品をよく理解して利用することも必要です。ペニスを大きくしたいと人知れず悩みを抱えている方にとって気軽に利用できる商品となります。ペニスを大きくするということ以外、EDへの効果や早漏への効果なども期待できるので、知識をしっかり持って利用しましょう。

飲むだけで「効果あり」の声が多数!しかも安い!

ペニス増大効果のあるサプリメントは様々なメーカーから販売されており、「効果あり」の声も多数です!成分や効果などを調べて購入する必要がありますし、費用も掛かりますが、何より人に知られたくないという願いをかなえつつ、ペニスを大きくできるのですから、これはチャレンジしてみるべきです。

外科的な処置をする時には病院に行って診察を受けることが必要で、たとえ男性医師だとしても自分のデリケートな部分を凝視されるのはやっぱり嫌です。保険適用の治療とはなりませんので費用もかなりかかります。サプリも購入費用がかかりますが、外科的な治療と比較したら費用は各段に安くなります。「飲むだけ」で自分の願いが叶うかもしれないのですから、自分に合ったサプリを見つけてコンプレックスを払拭しましょう。

早漏が改善される


実はペニス増大サプリには大きくするということのほかにも、男性にとって嬉しい効果が期待できるのです。それは「早漏」の改善!セックスに対して自信が持てない人にとって、非常に魅力的な効果といえます。

なぜ?ペニスを大きくするためのサプリで早漏の改善が見込めるのかというと、血液の流れを改善してくれる効果がペニス増大サプリにあるからです。ペニス増大の効果が期待できるサプリには、血液の流れをよくする成分が配合されていますが、これらの成分には「筋肉や細胞の成長促進効果」も期待できます。

ペニスの筋肉や細胞が活性化されることによって早漏改善につながるのです。あっという間に果ててしまうこともなくなり、男性として自信を持てるようになります。男性にとって早漏はデリケートな悩みとなりますが、人知れずこの悩みも改善できるのはやはりサプリメントの利点です。

血流が良くなる成分が配合されている

ペニス増大サプリも商品によって配合されている成分に違いがあります。効果が高いといわれているサプリの多くに、L-シトルリン、L-アルギニンという成分が配合されているのです。この成分が血液の流れをよくしてくれます。

血液の流れがよくなるということは?そう!勃起率も高くなるということ。仕事の疲れやストレスで若い世代もEDが多くなっているというこの時代、ペニス増大サプリは男性に自信を持たせる要素をたくさん含んだサプリとなっているわけです。

ぺニス増大クリームを使う

クリームもサプリほど多くはないですが様々な商品が販売されています!例えばコレ↓

サプリメントのほかに手軽に利用できる方法、人に知られずにペニス増大を狙う方法としてペニス増大クリームがあります。クリームをペニスに塗り込むことでペニスを大きくできるという商品ですが、サプリメントと比較すると短期間で効果が出てくるということはなく、補助的に利用することで相乗効果など期待できる商品と考えましょう。

塗るだけなので簡単

日本もいくつかのペニス増大クリームが販売されていて、クリームを塗るだけという手軽さもあり注目されています。サプリと同じように、L-シトルリンやL-アルギニンなどの成分が配合されているものもあり、長期利用すれば効果が期待できるといわれている商品です。

皮膚の表面に成分が浸透しない


サプリメントの場合は体の内部から成分が浸透することになりますが、クリームの場合には、ペニスの皮膚表面からその内部に成分が浸透するかどうかということが問題です。一般的にこうしたクリーム系の商品は、皮膚の角質層くらいまでしか成分が届かないといわれています。皮膚の表面から成分が内部に浸透しにくいということは、効果が期待できるとしても「時間がかかる」でしょう。

サイズアップの補助として使うのがおすすめ

サプリメントほどの効果が期待できないのであれば、ペニス増大クリームはやはり補助的に、サプリメントのサポート的に利用することを考えるべきです。口コミなどを見ると大きくなった!とはっきり感じられる効果は出にくいということも聞きます。ただ質の高い商品によっては全く効果なしということはないでしょうから、サプリプラスクリームで利用することを考えてもいいでしょう。

ぺニス増大手術を行う


真性包茎などの完全に皮をかぶっているペニスの場合、性行為の時に痛くてどうしようもなかったり、自慰行為をするにしても痛みとの闘いだといいます。かぶっている内部に雑菌がたまりやすくなり、内部で炎症を起こすこともあるので真性包茎でペニスを大きくしたいという人は、外科手術をすることをお勧めします。かぶっている皮が取れることでペニスが大きくなることもありますし、何より痛みがなくなるということが利点です。

包茎ではなくてもペニスを大きくしたいという場合は、いくつかの手術があります。手軽なほうほうもありますが、ペニスにメスを入れるということが恐怖!!で、手術なんて無理という人も少なくないでしょう。日本の病院では失敗も少ないといいますが、それでも万が一、手術が失敗するようなことがあれば?炎症を起こしたり最悪ペニス壊死!!という悲惨な目に遭うことも全くゼロではないのです。

ヒアルロン酸を注入する

ペニスを大きくする外科的な処置の中で、最も手軽な方法が「ヒアルロン酸注入」です。女性のプチ整形としても知られていますが、ヒアルロン酸はもともと体内に存在する成分なので副作用などの心配もなく、注入する量によってものすごく大きくしたり、少しだけ大きくするなど調整が利きます。

しかし元々体内に存在する成分なので時間がたてばいつしか体内に吸収されペニスは元の大きさになります。手軽な方法ですが、ヒアルロン酸の場合には定期的に注入へ通うことが必要でしょう。

埋没陰茎長茎法で引き出して長くする


埋没陰茎長茎法というのはなにやら難しい名前ですが、ペニスを長くする手術です。ペニスは目に見えている部分だけではなく体の内部にもつながっている部分があるので、体内のペニスを引き出して固定するという方法になります。一般的に2㎝から5㎝程度長くすることができるといわれている手術方法です。

30分かからない手術で現代では手術したその日に帰宅できるし、傷跡も付け根部分を切開する方法なのでほとんどわからないといいます。ペニスを体内から引き出すと考えるとちょっと怖いのですが、長さが欲しいという人には最適な手術です。

このほかに下腹部脂肪吸引法という方法があり、これは脂肪に埋まっているペニスを、脂肪を少なくすることで見えるようにするという方法になります。陰毛に隠れている部分や太ももの付け根あたりを切開し脂肪を除去するので傷跡も目立たず、この手術も30分程度、当日帰宅できます

しかしメスを入れて手術をするのですから、リスクが全くないわけではありません。日本ではこうした手術で失敗などは起こりにくいと思いますが、雑菌などが付けば炎症を起こしますし、最悪壊死なんていうことも絶対にないとは言い切れないので、リスクを理解して行うことが必要です。

保険適用外のため高額

ペニスを大きくする手術も昔と比較すると手術技術も高くなりリスクも少なくなっています。実際に施術を受けた人も大勢いますが、何より費用が問題です。病気を治す治療ではなく、見た目を改善する治療なのでもちろん保険適用外、自費での手術になります。かなり大きな金額がかかるので、費用がかかるというリスクも理解しておく必要があるのです。

ぺニスを増大させる矯正器具を使う


ペニスが小さいなら器具を使って大きくできないか?と考えられたのがペニス増大のための矯正器具です。牽引式やポンプ式など、「ペニスを引き出す」ことで大きくしようという器具になります。ただしこちらの方法は個人的にはオススメできません!ペニスを傷つける可能性も高い上、人工的に行うのであれば手術したほうが安全です。

牽引式で増大させる器具

ペニスが小さい、これ引っ張ってみたらどうなの?と作られた矯正器具が牽引式の器具です。ペニスに矯正器具を装着し引き延ばすような器具です。ペニスはもともと見えている部分以外、体内に隠れている部分もあるので器具を使うことで大きさを出すことはできるでしょう。

ポンプ式で増大させる器具

ポンプ式も色々なタイプがありますが、器具にペニスを入れて逆空気入れのように、空気を抜いてペニスに負荷をかける方法です。圧力をかけ続けることによってペニスを鍛えて大きくするというイメージです。圧力をかけることで血液がペニスにたくさん流れ込むので、勃起不全・EDの治療グッズとしても利用されています。

調整に手間がかかる

まず牽引式の矯正器具もポンプ式の器具も調整が難しく負担が大きいというデメリットがあります。牽引の場合には器具によりますが、1日8時間兼任が必要というモノもあるのです。もちろん途中で外して休憩することもできますが、負担はかなり大きいです。器具を装着して引っ張りすぎた状態で時間が経過すると「痛み」もあるので、途中でやめてしまう方も少なくありません。

ポンプ式もうまく空気の圧力を調整しないと痛みがありますし、自動的に圧力をかけてくれる器具もありますが、これもまた調整がうまくいかないと負担が大きくなるだけです。大きくなるまでに時間がかかる、負担が大きい、ストレスを感じながら行うことになる・・こうしたことを考えると矯正器具の利用をやめてしまうリスクのほうが高いでしょう。

まとめ

ペニスを大きくしたい、人に知られずに自信を持ちたい時、やはり一番適しているのはペニス増大サプリでしょう。手術のように恐怖を感じ、ペニスを凝視されるという屈辱を感じることもありませんし、何より炎症などのリスクもありません。

サプリなら矯正器具を利用する時に必要な長い時間も痛みも違和感もなくペニスを大きくできる可能性を持てます。商品によって配合されている成分にも違いがありますし、同じ成分が配合されていても容量が少ないこともあります。成分や容量などをよく理解して利用すれば自分でペニスのコンプレックスをなくすこともできるのです。

サプリカテゴリの最新記事