ペニス増大機器の種類と選び方

ペニス増大機器の種類と選び方

男性はペニスの大きさや太さで悩んでいる人も多いです。女性はあまり気にしていない、としても男性としてはやはり少しでも大きく太い方がいいものですし、せめて平均サイズにはなりたいと思っている人もいます。ペニスのサイズを大きくするために手術を受けるのは怖い、という人でもペニス増大機器を使ってサイズアップを目指す人も多くいます。

ペニス増大機器って何?どんな物があるの?


ペニス増大機器と聞くとどのようなものなのかイメージできないものです。使用感や価格帯など購入したいと思っていても気になることはたくさんあります。具体的にどのような道具があるのでしょう。

ペニス増大機器のタイプ

ペニス増大機器は大きく分けると2種類があります。それぞれで使い方や注意点があるので事前に頭に入れておきましょう。

牽引式


一般的にペニス増大機器として知られているのは牽引型のものです。ペニスを伸ばした状態を維持することで大きくなることを目指します。使い方としては増大機器をペニスにつけて放置をするだけです。1日にだいたい2時間ほどの装着が必要とされているので慣れるまでは違和感があることもありますが、慣れてしまえば装着しているだけで大きくすることができるので楽だと言えます。

価格としては1万円から3万円ほどのものがあり、サイズや仕様や素材によっても価格に違いがあります。購入するにあたってはアレルギーがある人は素材の確認が必要です。高価なものになるほど効果がありそうですが、商品によっては付属品が増えるだけのこともあるので購入前にその内容はきちんと確認しておきましょう。商品によっては保証がついているものもあり、壊れた時のことを考えると保証がついているものの方が安心です。

牽引式はメジャーな増大機器であり外国では医療用品として認可を受けているものもあります。そのため安心して使える、という点はメリットですが人によってはかなり痛みを伴うこともあります。痛みの感じ方は人それぞれです。人によっては痛みに耐えきれなくなって使い続けることができず諦める人もいるというのがデメリットです。

ポンプ式


ポンプ式の増大機器は圧力を使って増大を狙うタイプのものです。牽引式と違い長時間装着をする必要はありません。1日30分ほど装着をしていると増大するとされています。

ポンプ式の場合にはシリンダー選びが大切といわれています。シリンダーを選ぶ際、ペニスを大きくしたいのか太くしたいのかで選ぶべきシリンダーの種類が違うためです。シリンダーも決して安いものではなく数千円するものもあります。そこで購入前にきちんとどうった目的で使うのかを考えて選ぶことが大切です。価格帯としては数千円のものもありますが、やはり1万円以上のものの方が壊れにくく安心して使えるとされています。

ポンプ式は一日の使用時間が短い点がメリットですが、器具が大きめのものが多く、一人暮らしでない人は隠し場所に困るという意見もあります。プライベートな空間が保てないとなかなか器具を使うこともできないです。また、人によっては水膨れなどのトラブルが起こることもあるので使う際には注意をしなければなりません。

ペニス増大機器を選ぶコツ


これからペニス増大機器を購入しようと思っている人はどのような点に気をつけて選べばよいのでしょうか。たくさんあるペニス増大機器のなかで自分に合ったものを選ぶためのコツを紹介してきます。

値段の安さだけで選ばない

ペニス増大機器は最近では種類も増えており価格帯も幅広いです。そのため初めて購入する際には効果もわからないということで安いものを購入して様子を見ようと考える人もいます。しかし、安いものを購入すると使い始めてすぐに壊れてしまったり、思うように効果が出なかったりということもありますし、場合によってはペニスに強い痛みやかゆみが出てしまうこともあります。

安いものは魅力的ではありますが、やはりトラブルも多いです。そこで価格の安さだけで選ぶことは危険です。もちろん、中には安くて効果の出るものもあります。その点は価格だけでなく使用方法や効果といったものもよく確認して選ぶようにしましょう。

口コミ評判が良いものを選ぶ

口コミは実際に使用した人たちの意見が書かれています。そのため商品の説明を読む以上に参考になる情報が豊富です。実際に使用してみて効果が出たかどうかも書かれていますし、効果が出るまでにどれくらいの期間がかかったかといったことも書かれているので使う前にとても参考になります。

とはいえ、口コミは個人の意見が含まれています。そしてどうしても個人差のあるものです。そのため口コミをうのみにしすぎるとがっかりしてしまうこともあります。良い意見ばかりを見るのではなく悪い意見も参考にしつつ、あくまでもうのみにしすぎる参考にする程度にしておきましょう。

ペニス増大機器を使う時の注意点


ペニス増大機器は手術よりはリスクが少ないように思われますが、やはり使用するにあたっては注意点があります。大事な男性器に触れるものですから細心の注意を払って使うようにしましょう。

効果が出るまで続ける

ペニス増大機器は使い始めてすぐに効果の出るものではありません。多くの場合使い始めて数ヶ月で効果を感じられるようになります。そこで使い始めてすぐ効果が出ないからと言って使うのを止めてしまうのはやめましょう。最低限でも1ヶ月は続けないと効果を感じることはできません。

とはいえ、使っていて違和感があったり強い痛みがあったりした場合には無理に使用することは危険です。その際には場合によっては医師に診てもらうことも必要になってきます。無理のない範囲でコツコツ続けるようにしましょう。

やりすぎに注意

ペニス増大機器を購入したらしっかりと効果を出したいと思うのは当然のことです。人によってはデートやお泊まりの予定があって「この日までに大きくしたい」という気持ちがある人もいます。そういった人は使い始めてすぐに効果を出そうと決められた時間以上に機器を装着したり、一日に何度も使用したりする人もいますがそういったことは危険です。

何事もやりすぎは良くありません。ペニス増大機器も決められた時間以上使用すると痛みを感じたり炎症を起こしたりといったトラブルを起こす原因です。決められた時間以上の使用は避けることはもちろんですが、使い始めはあまり長時間装着せず少しずつ使用時間を延ばしていくようにしましょう。

ペニス増大サプリと併用して使う

ペニス増大機器だけを使うのではなくペニス増大サプリを併用して使った方が効果が高いです。ペニス増大サプリはペニスの太さを変えていくだけでなく血行を良くすることで勃起力を高めてくれたり精力を増強してくれたりという効果もあります。相乗効果でペニスのサイズアップを実感しやすいので併用するのがおすすめです。

ペニス増大サプリも種類がとても多くあり、価格帯も幅広いです。かなりたくさんの種類のものがありますが、毎月使い続けやすい価格帯のものを選ぶことが大切です。サプリも即効性があるものではなく継続的に使用して効果を得られるものですから高価なものを一時的に使うよりは使いやすい価格のものを長期的に使う方が効果は期待できます。

↓↓↓↓ペニス増大サプリはいろいろ販売されています↓↓↓↓

まとめ

ペニス増大機器は牽引式とポンプ式の2種類があります。どちらにも使うにあたってはメリットとデメリットがありますから自分に合ったのがどちらのタイプかよく考えて購入することが必要です。また、効果を出すためには決められた時間以上使用しないこと、効果が出るまで継続すること、サプリと併用することがポイントです。

手術・器具カテゴリの最新記事